【トヨタ・エスクァイア】絶対付けたいオプションやパーツ、ナビ情報

エスクァイアの購入を検討するにあたり、
メーカーオプションナビは、
どれを選んでいいか分からない方も
多いのではないでしょうか・・・。

・「どんなオプションがあるの?」
・「ナビは結局どれがいいの?」

など数多くの疑問があると思います。

そこで、今回は
付けるべきオプション品
おすすめナビなどについて
カスタム経験豊富な整備士の観点から
詳しく解説していきます。





ということで、
エスクァイアカスタム第二弾として
前回に引き続き、
カスタムが大好きな整備士の方
記事を書いていただきました。

【トヨタ・エスクァイア】絶対付けたいおススメオプション!

スマートエントリーシステム(運転席・助手席・バックドア/アンサーバック機能付)+ プッシュスタートシステム ¥37,800
エスクァイア、オプション品引用:https://toyota.jp/

まず、エスクァイアのオプション品で
一番気にしていただきたいのは、

オプション品が
予め装備として付いているグレードと、
付いていないグレードがあるという事。

そこをしっかりと確認する必要があります。

スマートエントリーシステム、スマートキーが
ガソリンエンジンモデルのグレードXiには
付いていないのです。

近年の車では、
スマートエントリーシステムやスマートキー、
プッシュスタートは当たり前の装備になっております。

しかし、搭載されていないグレードがあります。
そのためメーカーオプションによって取り付けをします。

リセールバリューにも大きく影響しますので、
グレードXiを選択しても、可能な限り付けておきたい
オプションになります。

ワンタッチスイッチ付パワースライドドア(デュアルイージークローザー+挟み込み防止機能付) デュアル(両側)¥61,560
エスクァイア、ワンタッチスイッチ付パワースライドドア引用:https://toyota.jp/

両側パワースライドドアも
ガソリンエンジンモデルのグレードXi
搭載されておらず、
助手席側だけパワースライドドア仕様になっております。

ミニバンを購入検討されている方には
両側パワースライドが必須ではないでしょうか。

そして、ワンタッチで
簡単に開閉できるスイッチを採用している
「デュアルイージークローザー」
間違って閉めてしまった時の
「挟み込み防止機能」
搭載されているため、

こちらも、グレードXiを選ぶ方には
必須なオプションです。

コーナーセンサー(ボイス4センサー)¥50,760
エスクァイア、コーナーセンサー引用:https://toyota.jp/

ミニバンは軽自動車などに比べると
車体のサイズが大きく、
駐車や狭い道などでは
取り回しが大変な場合があります。

そのため、壁や障害物があった場合に
超音波センサーが反応し、
音声と表示ランプ、アラーム音
運転者に危険をお知らせしてくれる
大変便利なオプション品です。

駐車が苦手な方や、
大切な愛車をぶつけたくない方には
必須なオプション品ではないでしょうか。

フロアマット(デラックスタイプ)1台分¥50,760
エスクァイア、フロアマット引用:https://toyota.jp/

高級志向を望むエスクァイア購入者にとって
必ずと言っていいほど求められる
オプション品ではないかと感じます。

純正のフロアマットは車種専用に作られているため、
プラスチックの回転ノブで固定できる仕様となり
ズレや耐久性の心配もいらないのです。

フロアマットはレジャー用やペット用など
使用のシーンに合わせて選べるため
それぞれのシーンに合わせたフロアマットを
選ぶ事をおすすめします。

SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)+SRSカーテンシールドエアバッグ(フロント・セカンド・サードシート)¥48,600
エスクァイア、サイドエアバッグ引用:https://toyota.jp/

「Toyota Safety Sense C」は
全車装備になっておりますが、
ミニバンは後部座席に人を乗せる事が
比較的多い車種だと思います。

純正では後部座席の人を守る装備が
シートベルトしかありません。

もしもの事故などがあった場合は
SRSカーテンシールドエアバッグ
後部座席の人を守ってくれます。

事故はいつ起こるかわかりません。
自分が注意していても、横からドン!と
突っ込まれてしまう場合も考えられます。

個人的な意見になりますが、
このオプションは購入者全ての人に
付けていただきたいと考えます。

【トヨタ・エスクァイア】ナビならこれ!

ナビってどれにすればいいか悩みますよね。

純正ナビでもいろいろと種類がある中

「結局どれがおすすめなの?」

って、なりませんか?

機械などに詳しくない方にとっては
悩みの種になりがちですので、
悩みを払拭できる、おすすめナビから順に
ご紹介していきます。

1番のおすすめは
T-Connectナビの10インチモデルです。
エスクァイア、T-Connect、10インチモデル引用:https://toyota.jp/

販売店オプションの
T-Connectナビ10インチモデル(NSZN-Z66T)
になります。

エスクァイアのオプションナビで
選べる画面サイズが1番大きい
10インチの大画面モデルです。

このナビは購入しますと
専用のパネルによって装着されます。

近年のナビでは必須の
Wi-FiBluetooth機能もあり、
スマートフォンやタブレット端末との
接続も容易に行なえます。

また、10インチの大画面であるため、
地デジやDVDも迫力の映像で鑑賞する事ができ、
ナビも地図や地名、案内表示などが
大きくわかりやすく表示されます。

運転中のナビの視認性って大切ですよね。

しかし、価格は
工賃込みで32万円前後
と決して安くありません・・・。

T-Connectナビの9インチ(NSZT-Y66T)
エスクァイア、T-Connect、9インチ引用:https://toyota.jp/

T-Connectナビ7インチ(NSZT-W66T)

エスクァイア、T-Connect、7インチ引用:https://toyota.jp/

さすがに32万円は・・・。
という方にオススメするのは

少し画面サイズが小さくなりますが、
基本性能はほとんど一緒

しかし、10インチモデルよりも価格が安い
画面サイズが9インチと7インチモデルです。

T-Connectナビの9インチモデルは
取り付け工賃込み価格27万円前後

T-Connectナビの7インチモデルは
取り付け工賃込み価格19万円前後

各種ナビの詳細については、
ここでは紹介しきれないので、
ディーラーでの確認か、
直接メーカーに問い合わせして
いただけると幸いです。

同時取り付けをおすすめしたい
オプション品

ナビを購入される方に
同時に取り付けをおすすめしたいのが、
フィリップダウンディスプレイ
(後部座席ディスプレイ)です。

ミニバンに共通していえることですが、
後部座席に人が乗る機会が多いと思います。

特に、子どもなどを乗せる場合には
付けておくとドライブ中に飽きてしまったり
騒いでしまったりすることを抑止でき、
運転手へのストレスの軽減にもなりますね。

12.1型HDディスプレイです。
価格は税込99,360円(フィッティングキット価格込み)
エスクァイア、バックディスプレイ、12.1型HDディスプレイ引用:https://toyota.jp/

こちらのディスプレイは、上記で解説した
T-Connectナビ10インチ、9インチモデルを
取り付けることにより、

前席でラジオや音楽を再生しながら、
後席ではDVDやTVなどが視聴できる、

「後席個別再生」機能に対応しております。

【トヨタ・エスクァイア】カスタムパーツのご紹介

快適装備を充実した後は、やっぱり外装にも
こだわりたいですよね。

そこで私が個人的におすすめしたい
エクステリアのオプション品などを
解説していきます。

フロントグリル&フロントスポイラー(LED付)約15万円



エクステリアで印象的なフロント部のデザインを
より一層印象的にカスタムする事ができます。

純正よりもさらにデザインが印象的になる
フロントグリルとフロントスポイラーは
両サイドが張り出したデザインになり、
LEDランプも装着されます。

純正でも迫力がありますが、
目を引くほどの迫力のある
フロントフェイスにすることができます。

ツインムーンルーフ( フロントチルト&リヤ電動スライド/サンシェード+挟み込み防止機能付)¥118,800
エスクァイア、ツインムーンルーフ引用:https://toyota.jp/

ミニバンには多くの人が乗車します。
そこでツインムーンルーフを付ける事で
快適性及び贅沢さが増し、
より一層の高級感を演出できます。

晴れた日にツインルーフを開けると
すごく開放的ですし、
窓とは違い
風切り音が少な事
自然な空気の入れ替えができます。

さらに、売却する際には
プラスの査定が付く場合が多く、
付けておいて損はありません。

【トヨタ・エスクァイア】その他カスタムまとめ

車の購入を検討されている方は
オプション品やナビをどれにするか
本当に悩みますよね。

決めやすい方法は
どんな使用用途で使うかを考える。
と、選びやすいかもしれません。

例えば、
後部座席に人が乗る事が多い方や
子どもを乗せる事が多い方は、
サイドエアバックは必須だと考えます。

また、後部座席に人を乗せての
長時間・長距離移動が多い方は、
フィリップダウンのモニター
サンルーフがあったほうが
快適性をより一層高めることができます。

使用シーンや用途、安心感や高い安全性、
エスクァイアをどこまで快適にしたいか

今一度よく考えてから
選ぶことをおすすめいたします。

また、メーカーオプション品は
購入時にしか取り付けが
できない物もありますので
ディーラーと相談して確認してから
決めることをおすすめいたします。

以上でエスクァイアカスタム第二弾を
終了いたします。

ご参考になれば幸いです。

→【カスタム第三弾】エスクァイアの後部座席と荷室から考える超快適車中泊は!?


★★エスクァイアの購入を迷っている方に朗報です!!

エスクァイア購入するにあたり、あなたの現在の愛車が

最も高額で売れる方法をご紹介します!

 

今最も熱いのは、中古車オークションです!!

中間業者が入らないオークション制だから大手より高く売れるのです!!

中古車買取オークションのSellCaはなんと最大6000社による入札があるので、

値段が吊り上がっていきます。

無料査定は簡単最短で16秒!!24時間受付しております。

まだ一括査定で売ろうとしてるの!?【高く売るならセルカ】

 

この最大のメリットは『気持ちが良い』『時短』

よくある話ですが、一括査定を依頼したときのしつこい営業電話や、

複数の買取会社から連絡がきたりすることがないのです!!

営業の電話って嫌ですよね・・・。

下取りとしてディーラーと交渉するのも嫌ですよね・・・。

 

車を売るなら「オークション制」が絶対おススメです!!

>>査定は1回のみ、最大6000社が入札【セルカ】