【トヨタ・エスクァイア】後部座席と荷室から考える超快適車中泊!

長距離の旅行や釣り、キャンプなどが好きな方は、
車中泊をする機会が多いのではないでしょうか?

トヨタ・エスクァイアは車内も広く
多彩なシートアレンジも可能です。

車中泊は停車できる場所を確保し、
車内を快適空間にさえすれば
宿泊費を節約する事ができます

そこで、今回はトヨタ・エスクァイアの車中泊に関する
シートアレンジやカスタマイズを解説していきます。





ということで、
エスクァイアカスタム第三弾として
前回に引き続き、
カスタムが大好きな整備士の方
記事を書いていただきました。

【トヨタ・エスクァイア】後部座席のカスタマイズ

エスクァイア、後部座席のカスタマイズ引用:https://toyota.jp

エスクァイアの室内スペースの広さは
室内長293cm
室内幅154cm
室内高140cm

と、とても広く

さすがトヨタのワゴン車!!
という感じです。

車中泊するにも、この広さがあれば全く問題なさそうです。

車中泊をするにあたり大切なのは
シートの背もたれを倒した時に
あまり段差がなく、平らにすることが可能かどうかです。

体を横にする際に、段差があっては寝にくいですよね。

さらに、段差なくフラットにする事が出来れば、
マットレスを敷いて、より快適に睡眠を取ることができます。

ちなみに、エスクァイアは7人乗りと8人乗りの仕様があり、
できるシートアレンジが違います。

そこで各種のシートアレンジを解説していきます。

・フロントフラットソファモード

7人乗り
エスクァイア、7人乗り、フロントフラットソファモード引用:https://toyota.jp

8人乗り
エスクァイア、8人乗り、フロントフラットソファモード引用:https://toyota.jp

フロントフラットソファモードは
7人乗り、8人乗りどちらの車体でも可能です。

1列目のシートを倒す際にヘッドレストを外すして
背もたれを倒すことにより、
2列目のシートの座面とフラットにする事ができます。

休憩や仮眠する際には適しています。

・リアフラットソファモード

7人乗り
エスクァイア、7人乗り、リアフラットソファモード引用:https://toyota.jp

8人乗り
エスクァイア、8人乗り、リアフラットソファモード引用:https://toyota.jp

リアフラットソファモードも
7人乗り、8人乗りどちらも可能です。

このシートアレンジでは、快適なベッドを作ることができます。
とても広いスペースが確保できるため、身長の高い方などでも
心配なく快適に過ごせます。

しかし、3列目シートの背もたれを倒すことで
座面と背もたれの間に段差ができてしまうため
クッションなどを敷いて段差をなくしたほうが
より一層快適になります。

ただし、トランクルームに荷物が多い場合は、
リアフラットソファモードができない事があります。

上記のように、場面ごとにシートアレンジを
使い分けることができますので
そこがエスクァイアの魅力です。

また、車内の快適さをさらに上げてくれるのが次の2つ。

エスクァイア、ドリンクホルダー引用:https://toyota.jp

エスクァイア、折りたたみ式サイドテーブル引用:https://toyota.jp

エスクァイアは、どの席に座っていても
ドリンクホルダーに手が届くようになっております。

助手席シートの背面に
「助手席シートバックテーブル」

7人乗りでは2列目シートのセンターに
「折りたたみ式サイドテーブル」
取り付けられており

シートを倒してくつろぐ場合にも重宝します。

【トヨタ・エスクァイア】荷室容量は?カスタマイズできるのか?

エスクァイアの荷室の広さは、
幅が1,100mm、高さが1,250mmです。
エスクァイア、荷室容量、カスタマイズ引用:https://toyota.jp

サードシートを使用している状態では
奥行き315mmと少し狭い気がしますが、

横幅や高さがある為、
サードシートを使用した状態でも、
かなりの荷物を積む事ができ、
荷室容量はなんと388Lです

さらに、サードシートを格納すれば1,269Lと大容量となります。

これだけあれば、キャンプや旅行などでも十分力を発揮してくれます。

その他にも、トランク下部に床下収納があります。
エスクァイア、トランク下部、床下収納引用:https://toyota.jp

グレードによっては、
ゴルフバックやスーツケースが入るほどの
広いスペースがあり、
更には、小物類などの収納にも便利なスペースがあります。

車中泊仕様車
エスクァイア、車中泊引用:https://response.jp/article/2015/02/13/244267.html

東海特装車にてカスタムされたエスクァイアです。

外観はノーマルですが、
内装が快適な車中泊ができるようにカスタムされており、
3列目シートの箇所を大幅に改造しています。

格納式テーブルやシンクをはじめ、
取り付けられたボードを半分にすればベンチになり、
広げればベッドになります。

ボード下のスペースも確保され、特別な仕様でカスタムされています。

東海特装車にてカスタムされており、
価格はベースモデルに対してプラス85万円程度
超快適車中泊仕様車にできます。

本格的に車中泊仕様を検討している方は
参考にしてみてはいかがでしょうか。

【トヨタ・エスクァイア】快適車中泊のためのカスタムやアイテム紹介

車中泊をする上で大切なことは
自分好みのカスタムや、使用用途に合わせてアイテムなどを
追加していくことです。

そうすることで、より快適に車中泊をする事ができます。

そこでおすすめのカスタムや便利アイテムを紹介していきます。

ジョイントクッション
エスクァイア、ジョイントクッション引用:https://toyota.jp

オプション品のジョイントクッションは、
後部座席2列をフラットにした際に、
低反発ウレタンシートの出っ張りなどをうまく分散させ
よりフラットにしてくれます。

これがあれば、別にマットレスを購入する必要がなくなりそうです。

室内カーテン(遮光機能付)
エスクァイア、室内カーテン引用:https://toyota.jp

車中泊や車内で休憩をする際に、
昼夜問わず光が入ってきてしまっては
まぶしさで睡眠しにくいうえに
車内を覗かれたりする場合があります。

そこで、役に立つのが室内カーテンです。

純正のオプション品なので車種専用設計で作られており、
長すぎることや幅が合わないなどの心配もありません。

さらに遮光機能付きタイプで、遮光率1級の遮光カーテンです。

エスクァイアの高級感に合わせてカーテンも高級感のあるものになっております。

ベッドキット



市販品の車中泊ベッドキットも販売されています。

カスタマイズしてもらうまではないけど、
手軽に車中泊仕様にしたいという方におすすめです。

車体に穴あけや加工などをすることなく
セット品を組み立てて取り付ける事ができます。

必要がなくなったら取り外すことができるので便利です。

車止め


車中泊する際に、エンジンをかけて仮眠する場合などは
車が何かの原因で動き出してしまう可能性があります。

なので、長時間の停車時などは、
安全に停車できるように車止めをした方がいいです。

これをつけておく事でしっかりと停車してくれます。
自身の安全のために車止めは揃えておきましょう。

寝袋、シェラフ


睡眠するには寝袋が必要ですよね。
山間部に行った場合や、季節によっては冷え込むこともあるので
用意する事をおすすめします。

寝袋は小さく収納することもできますし、
防寒着がない場合にも重宝します。

素材やメーカーによって、使用限界温度などがあるため、
目的に合わせた寝袋を選ぶといいでしょう。

【トヨタ・エスクァイア】車中泊まとめ

トヨタ・エスクァイアは車内スペースも十分な広さがあり、
多彩なシートアレンジがあります。

シートをフルフラットにする事ができるため、
車中泊をするには、快適で問題のない車だと思います。

車中泊をする可能性がある方は、
純正オプション品や市販品、
さらには車中泊仕様車のカスタムまでありますので、
使用用途に合わせてカスタムしていく事をおすすめします。

また、長期間の車中泊旅行などをする際は、
カメラやスマートフォンなどの電化製品を充電できるよう
ポータブルバッテリーやインバーターなどがあると便利です。

ただし、快適に車中泊ができるといっても、
場所や状況などをしっかりと確認して、
車中泊をするようにしてください。

エスクァイア、車中泊の確認

道の駅での車中泊を禁止する場所などもあるみたいですので、
事前にしっかり確認して行ないましょう。

→【カスタム第四弾】エスクァイアをタイヤ交換でより格好良く!!そして更に快適に!

以上、ご参考になれば幸いです。