【トヨタ・エスクァイア】フルモデルチェンジの予想と最新情報2019!

トヨタが販売ミドルクラスミニバンでお馴染みエスクァイアがフルモデルチェンジするのではないか?と噂になっています。

トヨタ・エスクァイアは現時点(2018年)発売から4年経過しており、タイミング的にもそろそろ2代目へフルモデルチェンジしてもおかしくないですね。

エスクァイアのフルモデルチェンジは2021年と予想しています。

2017年にマイナーチェンジを行なっているエスクァイアですが、次のフルモデルチェンジではどのように生まれ変わるのか楽しみですね。

今回は、トヨタ・エスクァイアのフリモデルチェンジの予想と最新情報2019年版をお届けします。

エスクァイアのモデルチェンジに興味がある方、ぜひ参考にしてくださいね。



エスクァイアフルモデルチェンジ後のボディサイズは変わらず室内が広くなる!?

エスクァイアのフルモデルチェンジ引用:https://toyota.jp/esquire/?padid=ag341_from_esquire_navi_top

現行エスクァイアのボディサイズは、

全長:4,695mm
全幅:1,695mm
全高:1,825mm
ホイールベース:2,850mm

以上の5ナンバーボディサイズとなっています。

トヨタミニバン3兄弟であるヴォクシーとノアは、エアログレードモデルを用意していますが、エスクァイアにはありません。

変にカッコつけない潔いカッコよさが伺えます。

おそらく、フルモデルチェンジしてもエアログレードの追加は無いと予想しています。

エスクァイアフルモデルチェンジ引用:https://toyota.jp/esquire/?padid=ag341_from_esquire_navi_top

新型エスクァイアでは現行プリウスに採用されているTNGAプラットフォームが新たに採用されるのではないかと考えます。

これにより、ボディサイズは変えずに室内サイズの拡大が可能となります。

現行エスクァイアは5ナンバーのミニバンでありながら、室内の広さには定評があります。

それを新採用するTNGAプラットフォームによって拡大すれば、より快適で使い勝手の良い室内空間ができますね。

エスクァイアはフルモデルチェンジでエンジンが新しくなる!?

エスクァイアのエンジン

引用:https://toyota.jp/esquire/?padid=ag341_from_esquire_navi_top

エスクァイアはフルモデルチェンジで、エンジンとハイブリッドシステムが新しくなると予想します。

新たに搭載されるエンジンとハイブリッドシステムはネット上でも噂になっているレクサスUXと同じものです。

現行エスクァイアに搭載されるエンジンと比較してみましょう。

・ガソリンエンジン

新搭載エンジン 現行エンジン
最高出力 174ps/6600rpm 152ps/6100rpm
最大トルク 21.3kgm/4000-5200rpm 19.7kgm/3800rpm

・ハイブリッドシステム

新搭載ハイブリッドシステム 現行ハイブリッドシステム
エンジン最高出力 146ps/6000rpm 99ps/5200rpm
エンジン最大トルク 19.2kgm/4400rpm 14.5kgm/4000rpm
モーター最高出力 109ps 82ps
モーター最大トルク 20.6kgm 21.1kgm
システム出力 183ps 136ps

新搭載するエンジン・ハイブリッドシステムは、現行モデルのものよりもパワフルですね。

エスクァイアエンジン・ハイブリッドシステム

引用:https://toyota.jp/esquire/?padid=ag341_from_esquire_navi_top

また、トランスミッションも新しいものへと変更されると考えます。

新トランスミッションはダイレクトシフトCVTです。

ダイレクトシフトCVTは新型レクサスUXに搭載されているトランスミッションは、発信ギヤ付きCVTのことで、優れた燃費性と発進性の向上が期待できます。

この新トランスミッションにより、エスクァイアの燃費は5%程度アップし、反応も良くなりストレスフルな運転を可能とするでしょう。

現行エスクァイアはミニバンの中でも比較的力強い走りがウリですが、新搭載されるエンジンとハイブリッドシステムで、より力強い走りを手に入れてライバル車に差をつけるのではないでしょうか。

エスクァイアはフルモデルチェンジでe-Fourを投入する!?

エスクァイアe-Four引用:https://toyota.jp/technology/chassis/efour/

現行エスクァイアでは、ハイブリッドモデルはFFの2WDのみのラインナップですが、フルモデルチェンジによって4WDのE-Fourモデルが投入されるのではないかと予想しています。

現行プリウスではTNGAプラットフォームを採用し、ハイブリッド4WDであるE-Fourを搭載していますので、フルモデルチェンジではミニバン向けに改良したE-Four搭載のエスクァイアが発売されるでしょう。

現行エスクァイアでは4WDモデルはガソリン車しかありませんが、燃費の悪さがネックとなっており、購入を諦めていたという方は少なくありません。

フルモデルチェンジでハイブリッドでも4WDを選べるようになれば、選択肢の幅が広がりユーザとしても嬉しい限りですよね。

エスクァイアはフルモデルチェンジで安全性能がパワーアップ間違いなし!?

エスクァイアフルモデルチェンジ安全性能

引用:https://toyota.jp/esquire/?padid=ag341_from_esquire_navi_top

現代のクルマに無くてはならない装備、それが安全装備ですね。

現行エスクァイアに搭載される安全装備はトヨタセーフティセンスCです。

フルモデルチェンジするエスクァイアでは、最新バージョンのトヨタセーフティセンスが搭載されると予想しています。

トヨタセーフティセンスの代表的な安全機能は自動ブレーキです。

今や、どの自動車メーカーも力を入れている自動ブレーキですが、その性能はどれも同じというわけではなく、メーカーや車種によって性能に差があります。

現行エスクァイアの自動ブレーキは、車両にしか作動しません。

実は現行エスクァイアの予防安全性能は、軽自動車と同程度とも言われているレベルです。

エスクァイア、トヨタセーフティセンス引用:https://toyota.jp/safety/tss/

バージョンアップしたトヨタセーフティセンスが搭載となれば、自動ブレーキは夜間の歩行者や昼間の自転車に対しても作動するようになり、安全性能が一気に高まります。

現行エスクァイアに搭載されるトヨタセーフティセンスと、新型エスクァイアで搭載されるであろうトヨタセーフティセンスの機能を比較してみましょう。

現行エスクァイアのトヨタセーフティセンス 新型エスクァイアのトヨタセーフティセンス
・プリクラッシュセーフティ

・レーンディパーチャーアラート

・オートマチックハイビーム

・先行車発進告知機能

・プリクラッシュセーフティ

・レーントレーシングアシスト

・レーンディパーチャーアラート

・レーダークルーズコントロール

・オートマチックハイビーム

・ロードサインアシスト

・先行車発進告知機能

エスクァイアはフルモデルチェンジで価格は上がる!?

エスクァイアのフルモデルチェンジ値上がり

新型エスクァイアが出るとなれば、当然価格も気になるところでしょう。

現行エスクァイアの価格は次のとおりです。

Xi:267万円
Gi:289万円
Gi プレミアムパッケージ:298万円
ハイブリッドXi:315万円
ハイブリッドGi:330万円
ハイブリッドGi プレミアムパッケージ:336万円

現行モデルの価格帯は267万~336万円ですが、フルモデルチェンジ後の価格はそれぞれのグレードに+20万円ぐらいになるのではないでしょうか?

新型エスクァイアには、新エンジン・ハイブリッドシステム、TNGAプラットフォーム、トヨタセーフティセンスなどが搭載されるとなれば、20万円程度の値上げは妥当だと思いますよ。

新型エスクァイアの発売日は?

新型エスクァイアの発売日

新型エスクァイアの発売は2021年ではないかと予想しています。

その前に、2019年に開催される東京モーターショーで、市販モデルに近いエスクァイアが展示されるとも予想します。

これにはかなり期待したいですね。

ミニバン3兄弟は統合される?

ミニバン3兄弟の統合

現在、トヨタ自動車は車種の統合を進めています。
更には販売店のチャネル分けもやめて、すべての店舗で全車種を買えるようにする方針を発表しています。

そうなってくると考えられるのが、トヨタミニバン3兄弟の統合です。

ヴォクシー・ノア・エスクァイアは一つの車種に統合され、別モデルのクルマを販売するもしくは、ヴォクシー・ノア・エスクァイアそれぞれの後継となるグレードに分けられる可能性も考えられます。

このあたりの話は、まだ明確にされていませんが、ゆくゆくはミニバン3兄弟は統合されるのかもしれないということは覚えておくといいでしょうね。

エスクァイアモデルチェンジ予想のまとめ

以上、トヨタエスクァイアのモデルチェンジ予想でした。

エスクァイアのモデルチェンジ予想をまとめると・・・

・ボディサイズは変更なし
・TNGAプラットフォーム仕様で室内サイズは拡大
・エンジンが新しくなりよりパワフルな走りに
・新トランスミッションで燃費と走行性能向上
・最新のトヨタセーフティセンス搭載で安全性能が高まる
・価格は20万円ほどアップする

ということになりますね。

エスクァイアがフルモデルチェンジとなればすごく楽しみですよね。

また新しい情報が入り次第、更新したいと思います。

→【各種情報第七弾】【トヨタ・エスクァイア】東京オートサロン2019「MULTI UTILITY(MU)」特集!


★★エスクァイアの購入を迷っている方に朗報です!!

エスクァイア購入するにあたり、あなたの現在の愛車が

最も高額で売れる方法をご紹介します!

 

今最も熱いのは、中古車オークションです!!

中間業者が入らないオークション制だから大手より高く売れるのです!!

中古車買取オークションのSellCaはなんと最大6000社による入札があるので、

値段が吊り上がっていきます。

無料査定は簡単最短で16秒!!24時間受付しております。

まだ一括査定で売ろうとしてるの!?【高く売るならセルカ】

 

この最大のメリットは『気持ちが良い』『時短』

よくある話ですが、一括査定を依頼したときのしつこい営業電話や、

複数の買取会社から連絡がきたりすることがないのです!!

営業の電話って嫌ですよね・・・。

下取りとしてディーラーと交渉するのも嫌ですよね・・・。

 

車を売るなら「オークション制」が絶対おススメです!!

>>査定は1回のみ、最大6000社が入札【セルカ】