【トヨタ・エスクァイア】7人乗り?8人乗り?徹底比較!!

エスクァイアの室内で2列目シートは7人乗りと8人乗りとで大きく異なります。

高級感があることには変わりませんが、今回はそれぞれの特徴をご紹介いたします。




私の場合は、2列目に子どもを乗せる事や5人以上で乗る機会が多いだろうという事で8人乗りを選択しました。

現状では、使い勝手の悪さはありませんが、野球チームのメンバーがハイブリッド7人乗りを所有しており2列目のシート移動の快適さに若干うらやましさを感じております。

それでは、7人乗りと8人乗りを比較してまいりたいと思います。

【トヨタ・エスクァイア】2列目シートがこんなに違う!

まず、ハイブリッド車は7人乗りのみ展開されており、もともとの仕様で8人乗りはございません。

なので、8人乗りはガソリン車のみとなっております。

【7人乗り】

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、7人乗り

引用:https://toyota.jp/esquire/

【8人乗り】
エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、8人乗り

引用:https://toyota.jp/esquire/

上記で比較して見てみても、どちらも良い感じにしか見えません・・・。

7人乗りシート特徴

それでは、7人乗りの特徴から見ていきます。

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、7人乗り特徴

引用:https://toyota.jp/esquire/

7人乗りの最大の特徴は左右の座席を個別に移動できるキャプテンシートを採用していることです。

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、8人乗り特徴

引用:https://toyota.jp/esquire/

内装のところで記載しましたが、このキャプテンシートでは、最大810mmの超ロングスライドができます。

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、超ロングスライド

引用:https://toyota.jp/esquire/

2列目が大きく後方へ移動することでくつろぎ空間が生まれ、脚を伸ばしても楽々です。

さらに、2列目シートはシート横にある2段式のレバーにて左右にもスライドすることができ、前後左右に動かすことができます。

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、シートアレンジ

引用:https://toyota.jp/esquire/

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、左右

引用:https://toyota.jp/esquire/

自由に動く2列目シートによりたくさんのシートアレンジが可能となっております。

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、シートアレンジ一覧

引用:https://toyota.jp/esquire/

シートアレンジ一覧は後ほどご紹介いたします。

8人乗りシート特徴

次に、8人乗りを見ていきます。

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、8人乗りシート

引用:https://toyota.jp/esquire/

8人乗りの2列目シートの特徴として580mmのロングスライドが可能な6:4分割チップアップシートがあります。

2列目シートを前方へスライドすることで荷室を大きくすることができます。

荷室は最大で1700mm弱まで広がります。

また、3列目への乗り降りがし易いのも特徴です。

ただし、シートアレンジは7人乗りよりも少なくなっております。

【トヨタ・エスクァイア】乗り心地や空間は?

では次に、乗り心地や空間について見ていきます。

まずは、7人乗りのシートアレンジから

7人乗りシートアレンジ

スーパーリラックスモード

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、7人乗りシートアレンジ

引用:https://toyota.jp/esquire/

先に紹介しました、超ロングスライドと2列目シートを横に動かしてできるリビングのように広いくつろぎ空間です。

写真のようにくつろげるのはもちろん、2列目での着替えも容易に行なえます。

子どもの着替えであれば、立ったままで着替えさせることができるほど、十分なスペースが確保できます。

フリーアクセスモード

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、フリーアクセスモード

引用:https://toyota.jp/esquire/

2列目シートを左右にスライドさせ両側のスライドドアから同時に3列目への乗り降りが可能となります。

だんらんモード

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、だんらんモード

引用:https://toyota.jp/esquire/

2列目シートを前と横にスライドして前席に近づけ会話を楽しみます。

ただ、写真で見てもかなり窮屈ですし大人でこれはどうかな・・・。

って、感じます。

子どもであれば近くてもそこまで窮屈さは感じませんが。

前席ベビーケアモード

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、前席ベビーケアモード

引用:https://toyota.jp/esquire/

助手席を前にして、更に2列目シートを前と横にスライドさせます。

停車中に子どものケアができるというシートアレンジなります。

ただ、写真のように停車中に幼児の面倒を見る感じよりは、後部座席に乗せていても、保護者の近くにシートを配置できる事で幼児が安心することの方がこのシートアレンジのメリットかと思います。

フロントフラットソファモード

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、フロントフラットソファモード

引用:https://toyota.jp/esquire/

フロントシートを倒して2列目と合わせるシートアレンジです。

脚を伸ばしてくつろげますし、仮眠を取る時に便利です。

脚がしっかりと伸ばせるので、運転席でリクライニングを倒して仮眠するのとは随分違います。

リヤフラットソファモード

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、リアフラットソファモード

引用:https://toyota.jp/esquire/

後列を全てフルフラットにするシートアレンジです。

フロントフラットソファモードよりもリクライニングがフラットのため完全に横になって休むことができます。

ハーフラゲージモード

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、ハーフラゲージモード

引用:https://toyota.jp/esquire/

片側の3列目シートを上げて荷室を確保しながらもゆったりと5人乗車できます。

ラゲージモード

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、ラゲージモード

引用:https://toyota.jp/esquire/

ハーフラゲージモードから更に反対側のシートも上げれば2列目の十分なスペースを保ちながら荷室を広げることができます。

ビッグラゲージモード

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、ビッグラゲージモード

引用:https://toyota.jp/esquire/

2列目シートを前方へ最大にスライドさせて、3列目シートを上げれば更に広い荷室を作り出すことができます。

7人乗りについては、上記9つのシートアレンジがあります。

8人乗りシートアレンジ

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、8人乗りシートアレンジ

引用:https://toyota.jp/esquire/

では、続いて8人乗りを見ていきたいと思います。

7人乗りのような自由度の高さはありませんが、シートアレンジを4つほどご紹介いたします。

フロントフラットソファモード

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、8人乗りフロントフラットソファモード

引用:https://toyota.jp/esquire/

フロントシートを倒して2列目と合せるシートアレンジです。

7人乗り同様に、脚を伸ばしてゆったりとくつろげますし、仮眠を取る時に便利です。

リヤフラットソファモード

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、8人乗りリアフラットソファモード

引用:https://toyota.jp/esquire/

後列を全てフルフラットにしたシートアレンジです。

フロントフラットソファモードよりもリクライニングがフラットのため完全に横になって休むことができます。

ラゲージモード

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、8人乗りラゲージモード

引用:https://toyota.jp/esquire/

3列目シートを上げ荷室を広げた状態で2列目に十分なスペースができます。

広い荷室を維持しながら5人乗れるシートアレンジです。

ビッグラゲージモード

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、8人乗りビッグラゲージモード

引用:https://toyota.jp/esquire/

2列目シートを前方へスライドさせ3列目シート両側を上げてできるシートアレンジです。

7人乗りとは異なり、2列目の座部が上がるので580mmのロングスライドが可能です。

後列を全て荷室として広々と使用することができます。

7人乗り8人乗りともにシートをアレンジすることで、簡単に車内を目的に合った形にすることができます。

家族構成や車の使用目的・用途に合せてしっかりと選択する必要があります。

【トヨタ・エスクァイア】価格の違いとメリットデメリット

では、7人乗りと8人乗りの価格差やメリットデメリットをまとめてまいります。

価格差について

ガソリン車のXiシリーズから見ていきます。

XiシリーズもGiシリーズも、7人乗りのほうが8人乗りよりも30,240円ほど高くなっております。

人数が多く乗れるから8人乗りの方が高いのでは?と思いがちですが、実際は7人乗りの方が高いです。

8人乗りのベンチシートよりも7人乗りのキャプテンシートのほうが性能的にも複雑でありコストが掛かるためです。

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、納得

では、それぞれのメリットデメリットを見ていきたいと思います。

【7人乗り】メリット

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、7人乗りメリット

・2列目シートが快適

2列目がキャプテンシートのため左右にしっかりと肘掛があり、独立した快適性の高いシートとなっている。

・シートアレンジが豊富

特に、超ロングスライドによる快適な2列目シートは魅力的。

少人数の場合特に快適。

・ウォークスルー

2列目シートが分かれているため3列目への移動が楽です。

さらにガソリン車なら運転席から3列目までスムーズに移動ができます。

※ハイブリッド車は運転席と助手席の間にボックスが装備されておりウォークスルーではなくなっております。

・2列目シートの安定性

シートが個別のため、ベンチシートとは異なり、曲がりカーブで隣の人に体重がかからず座り心地が良い。

※異性友人同士で乗るときに触れ合うドキドキがなくなりますが・・・。

【7人乗り】デメリット

エスクァイア、7人乗り8人乗り比較、7人乗りデメリット
・値段が高い

8人乗りと比較すると若干の割高です。

ただ、他のオプションと比較すると大した金額ではないですが・・・。

・定員が少ない

当然ですが、7人までしか乗れません。

8人乗りより乗車定員が少ないです。

・荷室がやや狭い

2列目シートを前方にするにしても8人乗りより荷室が広がらない。

また、ハイブリッドの場合は荷室床下に補助バッテリーが入っているため更に狭くなります。

【8人乗り】メリット

8人乗りメリット

・乗車人数が多く荷室も広い

7人より乗車人数が多いのは当然全のことですが、シートアレンジ次第で、荷室もかなり広く使用できます。

・価格が安い

大人数や荷室空間を求める方には8人乗りがニーズに合っているうえに7人乗りよりも30,240円も安い。

【8人乗り】デメリット

8人乗りデメリット
・ガソリン車のみ

そもそもデメリットというかハイブリッド車には8人乗り仕様がなく、必然的にガソリン車を選択しなくてはなりません。

・シートアレンジが少ない

2列目がベンチシートのため、7人乗りのような自由度が低いです。

【トヨタ・エスクァイア】7人乗り、8人乗りのまとめ

今回は7人乗り8人乗りを比較してみました。

私自身はミニバンに求めるニーズとして快適空間はもちろんですが、大人数を乗せることや、
荷室を大きく使用したいことが挙げられます。

もちろん、カッコいいとかのデザイン的な要素や運転席の高さによる視界の広さや運転しやすさもありますが。

どちらのタイプもメリットデメリットがあるのは当然ですし、家族構成や主な用途を考えたうえで一番合うものを選択できると良いと思います。

今回の記事が参考になれば幸いです。

→【スペック第五弾】エスクァイアのサイズ比較。サイズ感を徹底検証!