エスクァイアの不具合は大丈夫?リコール情報と合せて紹介

先日、トヨタ・プリウスにて約125万台
リコールがありました。

ハイブリッドシステムにおいて異常を
判定する制御プログラムが不適切なため
急加速時の高負荷走行中に
昇圧回路の素子が損傷した場合に、
フェールセーフモードに
移行すべきところ、移行できないことがあり
警告灯が点灯し、ハイブリッドシステムが
停止して走行不能になる可能性がある
という内容でした。

言葉が専門的過ぎて、内容がいまいち
よく分からないのですが、要は、

急加速で車体への負荷が強くなったときに
フェールセーフモードにならないので
その後走行できなくなる。

ということです。

フェールセーフモードというモードを
調べてみると

最低限走行可能な制御を行ない、
最小限の被害に抑える機能

であり、
エスクァイアにも搭載されております。

1つ勉強になりました。




ちょっとした不具合ならまだしも、
走行に支障が出たり、事故に繋がる様な
不具合は本当に困ります。

では、今回はエスクァイアのリコール情報を
まとめていきたいと思います。