エスクァイアの乗車レポート!乗車評価は低い??

エスクァイア試乗レポート第2弾を
書いていきたいと思います。

ただ、今回は実際に購入して
今現在エスクァイアに乗っている方の
乗車レポートになります。

試乗レポートを書いて頂く予定でしたが、
エスクァイア所有者の乗車レポート、
ご意見・ご感想紹介として見てください。





今回の記事は

エスクァイア、乗車レポート・K.Y様
・愛知県在住
・50代男性
・購入車:Xi 7人乗り2WD
・主な用途はファミリーカーとして

の、エスクァイア乗車評価及び
乗車レポートとなります。

【トヨタ・エスクァイア】乗車レポート!まずは外観・内装チェック

外観

外観・・・★★★★☆

外観は★4つ。

エスクァイア、乗車レポート

出典:トヨタ・エスクァイア公式サイト

他のミニバンと比較すると
格子状のフロントフォルムは
圧倒的に目立って良い。
数あるトヨタ車の中でも
かなり斬新なフロントフォルムで
魅力的である。

遠くから見ても、
エスクァイアだとすぐに分かる。
ノアやヴォクシーと比較しても
その差は歴然。

エスクァイア、乗車レポート、フロントグリル

出典:トヨタ・エスクァイア公式サイト

この格子状の目立つフロントフォルムは
息子たちからの評価も、
「カッコいいんじゃないか」と
なかなかである。

しかし、洗車に手間がかかる。
格子の隙間を洗うことも、
拭き上げることもかなり時間がかかる。

私自身は、休日洗車が趣味のひとつと
言えるので、洗車し甲斐があって良い。

エスクァイア、乗車レポ

購入後の気になったこととして、
エスクァイア購入後に、隣の家が
エアロを装備したアルファードを
購入したため、並んで停車していると
当然のことながら小ぶりに見える。

購入時は大きいと感じていたが、
アルファード様な高級ミニバンと
横並びになると負けている感じを受ける。
価格やスペックも、アルファードの方が
より高級なので、当然のことではあるが、
何故か負けた気分になるのかは
私自身の性分なだけで、
勝ち負けは全く関係ないことはあるが
気になるポイントではある。
エスクァイア、乗車、アルファード比較

出典:トヨタ・アルファード公式サイト

エスクァイア、乗車レポート、アルファード比較

出典:トヨタ・エスクァイア公式サイト

ただ、
正面からのフォルムは
エスクァイアの方が断然良い。

カラーに関しては、

エスクァイア、乗車、ホワイトパールクリスタルシャイン

出典:トヨタ・エスクァイア公式サイト

メーカーオプションの
ホワイトパールクリスタルシャイン
間違いのないカラー
と言える。

本体価格に32,400円プラスとなるが、
エスクァイア唯一のホワイトカラー。

私自身も迷うことなく、
ホワイトパールクリスタルシャインを選択。

エスクァイア、カラーその他のカラーも全体的に派手さがなく
抑え気味のカラーである。

そのため、どのカラーを選んでも
リセールバリューが良いので
気にせず好みのカラーを選択しても問題ない。

ただ、スパークリングブラックパール
クリスタルシャイン

エスクァイア、スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

出典:トヨタ・エスクァイア公式サイト

を選択するのであれば
普通のブラックが良いと感じる。
あまり見分けが付かないカラーである。
特に、曇りや雨天時の屋外、
立体駐車場等の建物内ではブラックと
ほぼ変わらない色味である。

内装

内装・・・★★★★☆

内装は★4つ。

エスクァイア、乗車、内装

出典:トヨタ・エスクァイア公式サイト

同クラスのミニバンの中では
高級感がある方だと感じる
カラーも落ち着きがある。
幅広い年齢層に合う内装である。

エスクァイア、乗車、座り心地

出典:トヨタ・エスクァイア公式サイト

シートの座り心地も良い。
また、シートヒーター
運転席と助手席に搭載されているので、
冬季でも背中や腰から暖まるため
運転中に暖房の風により
頭がボーっとしてしまうことがない。

セカンドシートにも付いていたら
より良いと感じる。

運転席、助手席、セカンドシートが
独立空調なのが良い。
車内の温度調整がしやすい。

エスクァイア、乗車レポート、シートヒーター

シートアレンジについては。

エスクァイア、乗車レポート、シートアレンジ7人乗りは、シートアレンジの
バリエーションが豊富で良い。
大人7人乗って十分な余裕がある。
車中の広さも満足のいくものだと感じる。

家族が多いため、
サードシートを収納して
トランクを広げて使用する機会はないが、
トランクの広さにも不満はない。

ただ、トランクのバッグドアが重く
成人でないと閉めることに苦労する。

サードシートへの乗り降りが楽。
運転席からサードシートまでスムーズに
移動が可能で、快適性が高いと言える。
トヨタのミニバンのキャプテンシートは
機能性が優れている。
しかも、セカンドシートに肘掛があるのは
乗り心地の良さをより際立たせている。
エスクァイア、乗車レポート、キャプテンシート

出典:トヨタ・エスクァイア公式サイト

オプションで後席ディスプレイを付けたが
映像を流している最中は、
バックモニターが見難くなる。
後続車の確認がしにくく感じる。

エスクァイア、乗車レポート、バックモニター

出典:トヨタ・エスクァイア公式サイト

【トヨタ・エスクァイア】乗車レポート!走行性能と燃費チェック

走行性能

走行・・・★★☆☆☆

走行は★2つ。

評価点としては
加速性が良く、運転しやすい。
市街地ではとてもスムーズである。

エスクァイア、乗車レポート、加速
気になる点として、
ハイブリッドではないので
仕方がないこととはいえ、
エンジン音が大きい。
坂道でのアクセルの踏み込み時には
音が特に大きく感じる

あと、後輪の横揺れが大きく感じる。
普段、成人の乗車人数が多いために
発生しているのかと思っていたが、
少人数でもサードシートに座ると
車酔いする方がいた。
もう少し安定性が欲しかった。

エスクァイア、乗車レポート、横揺れ先ほどの市街地での後輪の横揺れが
大きく感じることとは異なり、
高速道路はかなり快適な走行である。

ハンドルがぶれない。
大型トラックの横を走っても
風の影響で振られることが少ない。

しかし、運転席の風を切る音が大きく
オーディオが若干聴き取りにくい。

燃費

燃費・・・★★★★☆

燃費は★4つ。

ハイブリッドと比較すると落ちるが
ミニバンの中では良いと感じる。

高速はあまり利用しないので、
市街地での買い物や外食等、
息子たちの送り迎えがメインなので
基本的には13km/l前後と捉えている。

エスクァイア、乗車レポート、ネンピ

出典:トヨタ・ノア公式サイト

以前乗っていたミニバンでは
10km/lが精一杯の数値だったので、
13km/lは悪くない。

ただ、打ち出している燃費である
16.0km/lを出すのは難しい。

実燃費とメーカー表示燃費の差が
大きく感じる。

年間走行距離が10,000km以下なので
ハイブリッドにしなかったものの、
昨今のガソリン価格の高騰により
毎回のガソリン代が高い。
エスクァイア、乗車レポート、ガソリン

トータルで見れば元が取れないとしても
ハイブリッドの方がガソリン代節約かつ
静かなエンジン音で快適なドライブが
できたのではないかと感じる。

価格

価格・・・★★★☆☆

価格は★3つ。

3種のミニバンの中で、
ノア、ヴォクシーは同額の中、
エスクァイアは価格が高い印象がある。
そして、実際にも高い。

ノア、ヴォクシー同様の低グレードが
存在していれば選択肢がもっと増え
購入者が増えると感じる。

しかし、そこが高級感のある
エスクァイアの差別化された特徴であり
他車としっかり住み分けが出来ているので
高くても良いとも感じる。

エスクァイア、乗車レポート、3兄弟比較ノア、ヴォクシーよりも車体価格が
高いとしても、オプションを抑えれば、
300万円以下にすることが十分可能である。

300万円以下でこの性能であれば
満足のいくミニバンと言えるであろう。

【トヨタ・エスクァイア】乗車評価と気になる点

総合

総合・・・★★★★☆

総合は★4つ。

エスクァイア、乗車レポート、5ナンバー
評価点
・全グレードが5ナンバータイプのミニバンで
税金が安いうえに運転しやすいのが魅力。
・車内が広く高級感がある。
・運転席からの視界も良好。
・ハンドルも軽く、運転席は快適。
・ファミリーカーとして幅広く活用できる。

エスクァイア、乗車レポート、気になる点気になる点

・車体(後輪)の横揺れが大きいこと。
・エンジン音が比較的大きい。
・車体価格が高いこと。
・オプションカラーでしかホワイトがない。
・カラーバリエーションが少ない。

乗車レポートは以上。

【トヨタ・エスクァイア】乗車評価まとめ

エスクァイア、乗車評価まとめK.Y様、ありがとうございました。

エスクァイア所有者の率直なご意見は
私が日頃書いている内容や所感とは
異なっておりますので、
大変参考になります。

エスクァイア、乗車レポート、最終

出典:トヨタ・エスクァイア公式サイト

私が気に入っているカラーの
スパークリングブラックパール
クリスタルシャインの
評価が低かったのですが、

乗車レポートは
いろいろな方の考えやご意見を
いただくことで得られる情報の
良さだと感じております。

ただ、今回はいただきました
乗車レポートは一個人としての考えや意見も
多く入っておりますので、
是非、ご参考までに見ていただければ幸いです。

また試乗レポートや、乗車レポートを集めて
記載していきたいと思います。

購入を検討している方に少しでも良い
情報が提供できるようにしてまいります。

→【各種情報第四弾】エスクァイアの不具合は大丈夫?リコール情報と合せて紹介


あなたはご存知ですか!?

車業界では、中古車の査定額が年々増加している現状を!!

そして、その査定額はなんと!過去最高になっているのです。

 

「じゃあ、自分の車はいくらで売れるんだろう??」

 

気になりませんか??

 

車買取業者の専門家によると、中古車査定額は上昇傾向にあり、今年が過去最高になっていることが明らかになっています!

 

理由は・・・国内外で中古車市場の活性化によるものと分析されたためです。

 

 

なぜ・・・??どういうこと??

 

新車より中古車を購入する人が増加し、中古車が高値で取引される

アジアでは日本産の中古車が圧倒的に人気がある

 

上記理由により、国内外で中古車市場が盛り上がっています。

車種によっては2倍近い査定額のものまで出てきております。

 

しかし・・・注意が必要です!

 

専門家によると、この中古車の査定額については、

電気自動車の人気が高まる2020年後半ころから「減少し始める」そうです。

 

ということは、あなたの車は

今が一番高く売れるタイミングなのです!!

 

そして、今どの一括査定よりもおススメするのが、

かんたん車査定ガイド

 

私も利用した「かんたん車査定ガイド」がおススメな理由

■おすすめな5つの理由

完全無料たったの45秒で愛車の値段がわかる

・ディーラー下取り価格よりも高い査定額を出してくれる

・だれでも簡単!スマホでもできる

厳選された買取業者で安心の高額査定

・相場を調べるだけにも使える

おススメな理由を見ていただいてもわかるように、無料で簡単に、安心して一番高い査定額が一瞬でわかります!

しかもパソコンやスマホ操作が苦手でも簡単!

安心して無料査定が出せます!

また、超良質な買取業者のみと提携し、それぞれが競いながら査定しているので、一番高い査定額がわかるんです!

結果、ディーラー下取り価格よりも平均20万円は高く査定されると言われております。

愛車の値段を知ることが重要

専門家によると、車が高値で売れるのは2020年までと言われてます。

まずは、あなたの愛車の値段を調べておくことが重要です。

何故かというと、車の売却額は、2020年後半頃から減少していくと言われております。

電気自動車の需要やガソリンの高騰、カーシェアリングの普及により自家用車を持つ人が減ってきているのも原因と考えられております。

特に、若い世代には、車を持たないカーシェアリングが支持されています。

2020年は自動車業界の転換期と言われていており、

車が高値で売れるのは「本当に今だけだ」と専門家も分析しております。

なので、相場だけでも調べておかないと、あたなは知らないうちに損してしまいます。

とりあえずという気持ちで、車種と年式を入力するだけで愛車の値段を調べることができます。

 

\車種と年式入力だけ/
無料で愛車の値段を調べる

今がチャンス!

値段が下がってから売るんですか??