【トヨタ・エスクァイア】内装・内装色はどう!?おススメの内装紹介!

エスクァイアは外観だけでなく、室内にも高級感が溢れております。

内装や内装色は自分が乗る時だけでなく、お客様を乗せる際にも非常に気になるところですよね。

今回は、そんな高級感溢れるエスクァイアの内装や内装色、おすすめ内装を見ていきたいと思います。




【トヨタ・エスクァイア】内装・内装色の紹介

エスクァイア、内装、内装イメージ

引用:https://toyota.jp/esquire/

まずは、内装色の紹介からまいります。

運転席側から見たダッシュボードとインパネ(インストルメントパネル)部分と車内の内装シートの色と素材です。

バーガンディ&ブラック(ブランノーブ)

エスクァイア、内装、バーガンディ&ブラック(ブランノーブ)

エスクァイア、内装、ブランノーブ+合皮

引用:https://toyota.jp/esquire/

内装色:バーガンディ&ブラック

シート表皮:ブランノーブ®+合成皮革

写真はハイブリッドGi Premium Package

まずは、エスクァイアオリジナルのカラー設定でとてもおしゃれなバーガンディ&ブラックです。

この内装カラーは特別仕様となっており

ハイブリッドGi Premium Package、ガソリンGi Premium Packageにだけ、標準装備されております。

ブランノーブ®について。

エスクァイア、内装、ブランノーブについて

引用:https://toyota.jp/esquire/

ブランノーブ®はエスティマにも採用されているスウェードを超えた最高級なクオリティ
ヌバック調表皮とされております。

インパネ周りに関しては、他のグレードにはないブラウンカーボン調の装飾

①ステアリング上部

②シフトノブ周り

の2箇所に追加で施されております。

バーガンディ&ブラック

エスクァイア、内装、バーガンディ&ブラック

エスクァイア、内装、バーガンディ&ブラック、合皮

引用:https://toyota.jp/esquire/

内装色:バーガンディ&ブラック

シート表皮:合成皮革

※写真はハイブリッドGi

この内装カラーはハイブリッドGiとガソリンGiのメーカーオプションとなっております。

前出のバーガンディ&ブラックとは違いシートは全て合成皮革になります。

シートには昇温降温抑制機能という蒸れや冷えを抑制する性能があります。

インパネ周りについては、ステアリング上部とシフトノブ周りは黒木目調加飾付+シルバー塗装です。

ブラック

エスクァイア、内装、ブラック

エスクァイア、内装、ブラック、合皮

引用:https://toyota.jp/esquire/

内装色:ブラック

シート表皮:合成皮革

※写真はハイブリッドGi

この内装カラーはハイブリッドGiとガソリンGiの標準カラーとなります。

こちらのシートも昇温降温抑制機能となっており、季節問わず快適です。

バーガンディ&ブラック同様にステアリング上部とシフトノブ周りは黒木目調加飾付+シルバー塗装です

ブラック(ファブリック)

エスクァイア、内装、ブラック(ファブリック)

エスクァイア、内装、ファブリック

引用:https://toyota.jp/esquire/

内装色:ブラック

シート表皮:ファブリック

※写真はハイブリッドXi

この内装カラーはハイブリッドXiとガソリンXiの標準カラーとなります。

ファブリック自体は通気性が良く快適素材です。シンプルにブラックにまとまってシックな内装カラーとなっております。

インパネについても、飽きの来ないシックなブラックカラーでまとまっております。

エスクァイアの内装は正直どれもおしゃれです。

私が試乗した車の内装カラーはバーガンディ&ブラックでしたので、そのまま、バーガンディ&ブラックにしようと思いました。

しかし、嫁から「子どもが汚すから、絶対に黒の方がいい。汚れが目立ちそう」とブラックを半ば強制的に勧められました。

その為、私はガソリン車のGi“Black-Tailored”(マイナーチェンジ前の特別仕様車)を購入しましたが内装カラーはブラックになりました。

でも、本体カラーがスパークリングブラッククリスタルシャインなので、ブラック系で内装もブラックに統一されているため気に入っております。

エスクァイア、内装、斜め横

インパネについては、ステアリング上部とシフトノブ周りの黒木目調加飾付+シルバー塗装が個人的に非常に気に入っております。

特に、ステアリングの上部については見た目だけでなく、さわり心地が良く無駄に手をスリスリしてしまいます・・・。

【トヨタ・エスクァイア】内装におススメのカスタムパーツ

ここでは、私がオススメする内装のカスタムパーツをご案内いたします。

シートカバー

エスクァイア、内装、シートカバー

引用:https://toyota.jp/esquire/

まず、一つ目がシートカバーです。

これは、未就学児~小学生くらいのこどもを乗せる方にはオススメです。

とにかくシートが汚れます。

運動好きで活発な子どもなので、基本的に衣類が汚れております。

食べこぼしや飲みこぼし上等です・・・。

金額としては15,120円ですのでお手頃価格とは言えませんが。

また、子育てパッケージとしてこのシートカバーに2つのオプションを加えたものもあります。

・セカンドシートアンダーマット:12,960円。

・ラゲージソフトトレイ:12,960円。

がセットです。

セカンドシートアンダーマット

エスクァイア、内装、セカンドシートアンダーマット

引用:https://toyota.jp/esquire/

ラゲージソフトトレイ

エスクァイア、内装、ラゲージソフトトレイ

引用:https://toyota.jp/esquire/

どちらも撥水性に優れており、汚れから車内を守ってくれます。

エスクァイア、内装、子育てパッケージ

引用:https://toyota.jp/esquire/

本来は3つオプションをつけると合計金額は41,040円なのですが、お得なセット価格で
37,800円になります。

室内カーテン

エスクァイア、内装、室内カーテン
エスクァイア、内装、室内カーテン取付図

引用:https://toyota.jp/esquire/

車内で周りを気にせず着替えが出来ます。

車中泊でも有効活用できますが、ただ単にちょっと仮眠する時でも重宝します。

ただし、金額が57,240円と結構なお値段です。

また、これも子育てパッケージのようにレジャーパッケージとしてのセットがあります。

網戸付きサンシェード

エスクァイア、内装、網戸付きサンシェード①

エスクァイア、内装、網戸付きサンシェード②

エスクァイア、内装、網戸付きサンシェード③

引用:https://toyota.jp/esquire/

駐車時の日差しを和らげて、車内が高温になるのを防いでくれます。

また、網戸にすることで虫が侵入することなく風を車内に入れることができます。

価格は18,360円です。

フレキシブルラゲージマット

エスクァイア、内装、フレキシブルラゲージマット

エスクァイア、内装、キズ防止プロテクター

引用:https://toyota.jp/esquire/

リヤバンパー部へのキズ防止プロテクターが付いたポリ塩化ビニル素材のマットです。

価格は16,200円。

本来ならこの3つのオプションで91,800円ですが、これもお得セット価格として
87,480円になります。
エスクァイア、内装、レジャーパッケージ

引用:https://toyota.jp/esquire/

内装オプションはもちろん無くても全く問題ないですが、家族構成や車の使用目的によっては、かなり重宝します。

子どもが運動していたり、アウトドアに頻繁に行かれる方には上記オプションは本当にオススメです。

また、自分の子どもの友だちを乗せる際に正直、衣類が汚れていると

乗せたくないなぁ・・・。

って、気持ちが萎えますが、このオプションをつけておくと

まあ、多少の汚れなら・・・。

って、許せるようになります。

汚れた後の簡単な吹き掃除でキレイにすることができます。

エスクァイアの内装、内装色、内寸についてのまとめ

内装も落ち着きのあるカッコいいものを選びたいと考えておりますが、私の場合は、未就学の子どもがいますので汚れが目立たないカラーや、撥水性等にこだわって選びました。

事実、汚い靴で前席の後ろを蹴ったり、ポケットに忍ばせた石や、木の枝が2列目には散乱しております・・・。

2列目のチャイルドシートを外すと御菓子の食べこぼしも多々あり、ラグジュアリーな感じを保つことは正直難しいですね・・・。

それでは今回は内装について書かせて頂きました。

是非、ご参考までに。

>【完全無料】一括査定は楽天ポイントがたまる 『楽天 無料愛車一括』で決まり!

→【スペック第二弾】エスクァイアのカラー、色見本を紹介!人気色ランキング!